ポイント還元で考えるコンビニクレジットカードのメリット

konbiniコンビニでクレジットカードを使うなんて、なんだか大変そう…

 

一度使ってはみたいんだけど、変に目立ちそうで、二の足を踏んでしまう

 

こんな実情が聞こえてきそうなコンビニでのクレジットカードの使用ですが、一度経験してしまうと、利用しなかったのがもったいない位の便利さやメリットがあります。

 

リアル店舗でクレジットカードを利用する際に、ユーザーが面倒に感じる手間として、もっとも大きいのは「サイン」ではないでしょうか。

 

一流ホテルではともかく、コンビニでサインしている姿ってどうよ」と拒否反応を示す訳ですが、これも過去の話。

 

コンビニ側でも処理のスムーズさを優先させ、セブンイレブンなどでは、一万円未満の買い物ならば「サインレス」でクレジットを利用できますので、レジで手間取ることもありません。

 

そして、何よりも意識したいのは、ポイント還元の実利的メリットです。
通常のクレジットカードによるショッピングでは、ポイント還元は0.5%程度が平均的な割合です。

 

しかし特定のコンビニとクレジットカードの組み合わせでは、このポイント還元が大幅にアップするのです。

 

例えば、「セブンイレブン」と「セブンカード」。

 

この組み合わせは代表的で、200円の利用に付き3ポイントの還元になります。
100円では1.5ポイントの計算ですから、実に3倍ものポイント還元になるのです。

 

このセブンカードの泣き所としては、年会費が500円(初年度は無料)と有料な事ですが、ランチやおやつなどで日常的にセブンイレブンを利用している場合には心配ご無用。

 

年間で5万円以上の利用の場合は、年会費も無料になるからです。
ただ、200円単位での利用でポイントが付加されますから、ついつい200円単位でお買い物をしてしまって、日々のお買い物額が高くなってしまったなんて事もありそうですね。