公共料金クレカはポイントと口座割引制度を比べて決めることがコツ

公共料金を口座引き落としで支払うと割引される制度があります。

まずクレジットカードで光熱費にかかる料金を払う場合、この割引額とポイントの関係をしっかりと把握しておくことが必要です。

 

たとえば光熱費をカードで支払った場合、ポイントが口座引き落としで割引される額よりも多くつくならカードで支払う方がお得でしょう。

そのために大切なことはポイントの還元率がよいクレジットカードを選ぶことです。

 

この点で楽天カードはかなりおすすめのクレジットカードであるといえます。

ポイントは100円につき1ポイントが与えられます。

 

そして1ポイントが1円に相当するために還元率は1パーセントです。

また楽天カードは年会費が無料であるためにカードを更新するための料金がかからず、ポイントを獲得した分だけ得をするシステムとなっています。

 

もちろんこのような仕方で恩恵に与るためには、ポイントを上手に使いこなせることが条件となってきます。

楽天市場などでよく買い物をする人にで、公共料金の口座引き落とし割り引きサービスよりも多くのポイントを獲得できる見込みのある人は、楽天カードを使って光熱費を支払う方がお徳でしょう。

 

また公共料金を1枚のクレジットカードで支払えばたくさんのポイントを獲得することにつながりますので、賢い方法であるといえます。

公共料金は避けられない出費です。しかしそれを上手に利用すればポイントを獲得できますので、かなりお得です。